WEBコンテンツの管理システムについて

WEBコンテンツは画像や文章、動画など普通にパソコンやデジカメで作成できるようになってきました。WEBコンテンツの特徴は見やすくするためにファイルのサイズを削りながらもきれいな状態で配信することです。特に画像や動画についてはデジカメ等で撮影したままだとファイルサイズが大きすぎて見るのに時間がかかってしまいます。そのため、WEBコンテンツの管理システムではファイルの適正な圧縮についても対応が進んでいます。WEBコンテンツの管理システムといえばファイルの管理とバージョン管理が主な仕事と言われてきました。コンテンツのバージョン管理とは同じ画像でもファイルを修正したり、圧縮したりとさまざまなカスタマイズが行われます。ただし、作成したファイルについては作成者が個別に管理しているのが通例でした。そのため、作成者によってファイル管理がばらばらで、数日前のファイルがほしいと言われてもすぐに出せない、そもそも残っていないという問題がありました。ファイルのバージョン管理はこのような個別のファイル管理を止めて、ファイル自体の履歴を残すことでいつでも過去に編集したファイルに戻れるという機能です。また、ホームページでは多数のWEBコンテンツがありますが、画像の入れ替えが激しい場合は全体として前に戻すということが大変むずかしいことが多いのでバージョン管理は必須と言われてきてます。管理システムの大きな機能としてバージョン管理は重要な位置を占めています。WEBコンテンツの管理システムのもう一つの重要な機能にファイルの管理があります。バージョン管理とされているコンテンツですが、ホームページ用のコンテンツは大規模なホームページではなくても数百以上あることも珍しくありません。そのため、ホームページだけでフォルダにひとくくりするようなまとめ方では必要なファイルを見つけづらく、また、複数人での作業ではファイルの更新が問題となることが多々あるようです。そこでファイルの管理システムが重要になってきます。ファイル管理ソフトはホームページ用のコンテンツを区分けし、バージョン管理しながらコンテンツをまとめていきます。また、強力な検索機能が備わっており、日付やファイル名での検索の他に、ホームページのこのコンテンツが欲しいという曖昧な検索方法にも対応するなど、コンテンツの有効活用をするための重要なツールとなってきています