会員サイトでのWEBコンテンツの作り方

WEBコンテンツは多くの方に見てもらえるように見やすく、ファイルのサイズを小さくするようにされています。しかし、WEBコンテンツによってはキレイに見たいということもあり、ファイルサイズを無視して元のファイルを見せてほしいという場合も増えています。特に写真をきれいにみたいという方も増えており、会員制に変わってきたホームページも多いようです。会員サイトのホームページの特徴は一般向けではないホームページだということです。会員サイトにアクセスする人の多くは場合によっては見づらいホームページだとしても見たいという方ばかりです。例えば写真が趣味のグループの会員サイトではデジカメ等で撮影したままのファイルで画像がアップロードされていることがあります。また、動画についても同様に圧縮等せずにそのまま見ることができる会員サイトも増えています。WEBコンテンツといえば万人向けのコンテンツが多いのですが、こだわりを持つ方向けにも作成される場合が増えています。会員サイトの構築方法には2つの方法があります。一つは独自のWEBサーバでパスワード等によって見る方を制限する方法、もう一つはSNSを利用して会員を区分けすることです。独自のWEBサーバで会員を管理する方法は昔から行われており、現在でも無数に会員制のサイトがあると言われています。しかし、これらの独立系の会員制サイトはユーザーがまったく共通化されないこともあり、利用者からはIDやパスワード管理が面倒であると言われてきています。そこで注目されているのがFacebookなどのSNSを利用した会員制サイトです。Facebookではグループと呼ばれる閉鎖的なSNSを作ることができます。Facebookは主に情報は公開されるものとして考えられていますが、閉鎖的なグループを作成することで決められた人のみが利用できる場所を作成することが可能です。SNSを利用した会員制サイトはIDやパスワードの管理が減るばかりでなく、ユーザーを増やす意味でも有効です。Facebook以外にGoogle+などのSNSでも閉鎖グループを作成することができ、動画や写真を楽しめるようになってきています。多くのSNSで閉鎖グループを作成できるようになってきたこともあり独自にWEBサーバを立ち上げる人は少なくなってきたと考える方も多いですが、実はさまざまなカスタマイズが取りやすいということで独自の会員サイトも増えています。