WEBコンテンツのカスタマイズの必要性

WEBコンテンツは一度作れば内容の更新が無い限りそのままというホームページがほとんどです。特に文章や画像などは差し替えはほとんど行われないことが多いようです。しかし、競合するホームページが増えてきたこともあり、現在ではWEBコンテンツについても随時カスタマイズしていく必要があるといわれてきています。WEBコンテンツのカスタマイズについては2つの方針がある場合が多いようです。ひとつはSEO対策、もうひとつはマルチデバイス対応です。SEO対策は主に検索サイトで上位に表示されるための手法ですが、検索サイトが検索アルゴリズムを公開していないこともあり、各SEO対策会社では独自にアルゴリズムを検討してSEO対策として販売しています。SEO対策では主に文章とキーワードと呼ばれる検索サイトでの検索ワードに注目されます。キーワードがうまくホームページ内にあれば検索サイトでも上位表示がされやすいと言われていることもあり、文章の編集はとくに重要と言われています。また、同じホームページでは検索順位が下がってしまうこともあると言われており、定期的なカスタマイズが重要と言われています。SEO対策ではキーワード以外に、文章自体に意味を求めています。文章はこれまでキーワードさえあればどんなことが書かれていても問題無いと言われてきましたが、現在では文章の意味をきちんと把握する検索サイトが多くなったこともあり、人間に伝わる良い文章を求められるようになっています。WEBコンテンツのカスタマイズが必要な部分としてもう一つマルチデバイス対応があります。ホームページはパソコンで見るものから、スマートフォンで見るものと考えが変わってきています。スマートフォンも性能が上がっており、機種によってはパソコンよりも高機能な端末も多数販売されるようになってきており、これまで難しいとされてきた高精細な画像や動画なども快適に視聴が可能です。そのため、スマートフォン用にわざわざ作成していたホームページをパソコン用と共通化してどのようなデバイスでも見ることができるWEBコンテンツにするためにさまざまなカスタマイズが行われてきています。特に画像と文章の組版には力が入っており、パソコンで見ても、スマートフォンでみても自動で組版が行われてそれぞれに最適なホームページ用の文章、画像サイズとなるようにホームページ側にツールが仕込まれるようになってきています