CMSにおけるWEBサイトのキャッシュの有益性

WEBサイトを手軽に作成し管理することのできるCMSは、色々な分野のWEBシステムにおいて使用されており、もはや効果的なWEBサイトの構築においては欠くことのできないものになりつつあります。CMSの有益な機能は多々ありますが、その中でも重要なのが、WEBサイトのキャッシュ機能です。通常、WEBサイトの情報は一度公開されたら元に戻せないのが通例です。手作業で元の画面に戻すことは労力を掛ければ可能ですが、手作業で作成した場合にそのすべてを完全に戻すことは困難で、その作業量も膨大なものになります。また、試行錯誤して作成したコンテンツも多く、その画像データなども一般的には更新時には消去または別のサーバまたは媒体に保管することも多く、消去してしまった場合には二度と復旧させることはできません。したがって、更新の際には必ずコンテンツのバックアップを作成し、必要な時は手作業で戻すなどの作業が行われていました。一方、CMSにおけるコンテンツ変更は非常に容易で、複雑なHTMLやXMLなどの言語を修得することなく、直感的に作成が出来るのが特徴です。コンテンツに使用する画像やその他のパーツも一元化して管理するものが多く、GUIで直感的に操作しコンテンツを作成できる点が特徴です。また、コンテンツデータは定期的にCMSが持つキャッシュに記憶されており、操作上必要があればいつでも戻すことができるのも特徴です。たとえば公開してしまった場合でも自由にキャッシュを用いて元に戻すことが可能なのです。しかもそのキャッシュはCMSの種類により多少の差はありますが世代管理されており、万が一2世代分戻したいといった場合にも対応できる汎用性もあるため、管理者の負荷が軽減されます。特に最近のCMSはシステム化されているものも多く、膨大な量のコンテンツを格納し瞬時に引き出せるデータベースを備え、そのデータベース上でコンテンツデータの管理を行うのでWEBサイトを構築するサーバーの負荷を大幅に軽減することができるのです。CMSはWEBサイトがビジネスとして普及し利益を上げる様なものに成長した現在では、膨大な量のコンテンツデータを取り扱うためのツールとしては必要不可欠なものになっています。その為、CMSも沢山の種類が発売されており、その使い勝手もそれぞれまちまちです。快適なコンテンツ管理を行うためには、自社に適したCMSを選ぶことが非常に重要です。