WEBコンテンツの機能比較をやってみる

WEBコンテンツといえば今ではさまざまな端末、広い年齢層で利用されるようになり、以前のパソコンに詳しい人間だけが利用する環境ではなくなってきています。そのため、コンテンツに求められる機能も多岐にわたってきており、さまざまな機能比較が行われて、よりよいホームページを目指して努力が続いています。WEBコンテンツで最近話題なのがアクセシビリティとマルチデバイス対応です。アクセシビリティーはホームページのコンテンツがさまざまな人にどう利用されたらいいのかを考えることです。WEBコンテンツにおいてアクセシビリティーは主に障害者の方や高齢者の方へどう伝えるかが注目されています。高齢者の方や障害者の方がホームページを見る際気になるのが文字の大きさと文字間のスペースなど、文字についてです。一般的に新聞の組版の仕方をホームページへ適用するとうまくいかないと言われているのは新聞と違い、パソコンのディスプレイでは見方が違うからですが、もう一つ重要な点にフォントの違いがあります。ホームページを見るツールはWEBブラウザと呼ばれるツールですが、それらに表示されるフォントはパソコンによって異なっており、文字が見やすい、見づらいはフォントによって決まると言っても過言ではありません。そのため、ホームページの機能比較において見やすさを判定するにはフォントの適切な活用と文字スペースなどの扱いが重要となります。機能比較で文字の見やすさを議論する際にフォント以外に文章ごとの表示についても十分な議論が必要となりますが、現在のところ、文字を大きくするなどの対応に限られていることから、今後も改良が続くと考えられています。マルチデバイスについては多くの方がスマートフォンでのホームページ視聴が増えていることもあり、パソコン、スマートフォン対応のホームページが求められています。その際、同じコンテンツを見栄えを買えるだけでマルチデバイス対応を目指しているのが現在の方針です。マルチデバイス対応については、スマートフォンでとくに重要とされており、画面サイズの種類が多いスマートフォンですので、1つづつに専用のページを用意するのは無理があります。そこで、ある程度、どのような画面サイズでも対応できる組版の体制をとれるようにホームページを改良しておくことが増えています。今後マルチデバイスとアクセシビリティーは双方に改良が加えられて、よりよいホームページに変わっていくと考えられています